top
logo


feed-image Feed Entries
Home
The Lion King Mind - 師子王の心 -
第31回 妙法の陰徳陽報 印刷 Eメール
作者: The Lion King   
2009年 12月 18日(金曜日) 00:00
我らは願って広布に尽くす!
師弟一体の労苦こそ必勝の力

御聖訓 此れ程の不思議は候はず此れ偏に
陰徳あれば陽報ありとは此れなり
(四条金吾殿御返事、1180ページ)

 

陰徳の
労苦に励みし
皆様は
必ず幸の
陽報あるかな

朝、手にする聖教新聞から伝わってくるのは、寒風を突いて配達してくださっている「無の友」の真心の温もりです。
いつ、いずこにあっても、私と妻の一念から、広布のために陰で戦われる尊き同志への感謝が離れることはありません。
個人会場のご家庭の方々、いつもありがとうございます。
創価班、牙城会、王城会、白蓮グループ、香城会、白樺会・白樺グループ、会館守る会、創価宝城会、サテライトグループ、設営グループなど、青年部、壮年・婦人部の皆様のご尽力にも、心より感謝申し上げます。また、各種会合の役員の方々には、この一年も本当にお世話になりました。
さらに新聞長、教宣部、書籍長、文化長、統監部、民音推進委員等、広宣流布を大きく開拓してくださっている皆様方。そして儀典長、儀典委員の皆様、本当にご苦労様でございます。
未来部育成部長、二十一世紀使命会をはじめ、大切な大切な人材を育む皆様方が、厳しい社会情勢のなか、どれほど奮闘してくださっていることか。
私は、各地の誉れの一人一人に、直接お会いして、御礼をお伝えする思いで、今回の御文を拝してまいります。
「此れ程の不思議は候はず此れ偏(ひとえ)に陰徳あれば陽報ありとは此れなり」(御書1180ページ)──これほど不思議なことはない。まったく陰徳あれば陽報ありとは、このことである──
最終更新 2009年 12月 18日(金曜日) 23:42
続きを読む...
 
〝絶望の温泉〟 印刷 Eメール
作者: The Lion King   
2011年 12月 22日(木曜日) 10:02

少女は4歳で失明した。見えなくなったことが理解できなかった。走り回っては柱にぶつかる。生傷が絶えなかった。あすは見えるようになるかもしれない。少女はまぶたをいっぱいに見開いて、見る練習をしたという▼悲嘆と絶望を乗り越えて、一家は強く立ち上がる。少女は今、外資系通信社に勤務。ピアノもプロ級。随筆家としても活躍する。彼女・三宮麻由子さんは綴っている。人は〝絶望の温泉〟に漬かりがち。「希望に向かって邁進するよりも、絶望したと泣き暮らしているほうが楽」だから(『人生を幸福で満たす20の方法』NHK出版)

続きを読む...
 
「成長」と「向上」 印刷 Eメール
作者: The Lion King   
2011年 10月 10日(月曜日) 08:02

「まだ下手な間は、人に知られないようにしよう。ひそかに習得してから人前に出れば、とても立派に見えるだろう」。こんなことを言う人は、一芸も物にできない――。『徒然草』で吉田兼好が断じている(第150段、趣意)▼“芸が未熟なうちから、上手な人の中に交じって、けなされたり、笑われたりしても意に介さず、打ち込む人は、ついに名人の域に達し、長所も伸び、名声を得る”と兼好は続ける。諸道に通じる「成功の秘訣」であろう。人はやはり、人の中に飛び込んでこそ磨かれる▼滋賀のある青年が仕事中、左腕を肩から切断する大事故に遭った。手術で腕はつながるが、思うように動かない。リハビリ中に仏法に出あった。医師も驚くほどの回復を遂げ、現在、子ども服販売店の店長として奮闘する

続きを読む...
 
「ここだな」 印刷 Eメール
作者: The Lion King   
2011年 12月 20日(火曜日) 08:54

来る22日は冬至。北半球では、1年のうち太陽の位置が最も低く、昼の時間が最も短い。そう聞くだけでも寒さが増すように感じる▼だが、別の見方をすれば、立冬と立春の中間にあたる冬至は、冬から春への〝折り返し点〟だ。この日から、日はだんだんと延びていく。かつて冬至は暦の計算の起点とされ、心新たな1年の〝出発点〟と考えられていた▼あらゆる物事は、捉え方によって意味が大きく変わる。人生も同じだ。「ここ一番」という正念場も、自身の境涯で、意味や、その後の展開を、いかようにも変えられる

続きを読む...
 
〝心のスイッチ〟 印刷 Eメール
作者: The Lion King   
2011年 10月 10日(月曜日) 07:57

仕事、家事、育児に追われ、「時間がない」が口癖だった、地域で知り合いの婦人。ある時、4歳の娘に言われた。「時間はどこでなくしたの? 一緒に探すよ」▼ハッとした。落とし物が見つからず、困っているように見えたのだろう。きっと笑顔も消え、知らず知らずのうちに、心配を掛けていたかもしれない。なくしていたのは時間でなく、〝心の余裕〟だった――以来、婦人は「時間がない」という言葉を、「充実しているわ」に置き換えるようにしたという▼〝心のスイッチ〟を「受動」から「能動」に切り替えることで、時間の捉え方も違ってくる。何をやるにせよ、受け身の人は重荷に感じ、前向きの人は心軽やかに進めていける。この生命の勢いが、多忙の中にも心の余裕を生む

続きを読む...
 
« 最初12345678910最後 »

3 / 13 ページ

アンケート

あなたの支持政党
 

オンライン中のユーザ

現在
 ゲスト 10 人
 がオンラインです

統計

メンバー : 11830
コンテンツ : 1679
Webリンク : 78
記事ヒット数 : 1062067

bottom
top

最新ニュース

ポピュラー


bottom

Powered by Joomla! | Copyright © 2009-2012 by The Lion King Mind.