top
logo


feed-image Feed Entries
Home
The Lion King Mind - 師子王の心 -
第29回 妙の三義 印刷 Eメール
作者: The Lion King   
2009年 10月 26日(月曜日) 00:00
わが生命は偉大なり!

御聖訓 「妙と申す事は開と云う事なり」
「妙とは具の義なり
具とは円満の義なり」
「妙とは蘇生の義なり
蘇生と申すはよみがへる義なり」
(法華経題目抄、943・944・947ページ)

 

人間の生命は、計り知れない不思議な力を持っています。
仏法は、万人に具わる偉大な仏の力用を引き出す大法です。
私は広宣流布の闘士として、誰もが持つ生命それ自体の偉大な力を触発し、地球上に幸福と平和の花を咲かせゆくことを願って、行動してきました。

モスクワ講演15年

三十五年前の一九七四年(昭和四十九年)九月、私が初めてロシア(旧ソ連)を訪問したとき、「宗教否定の国になぜ行くのか」と問われました。私は、「そこには同じ人間がいるからです」と即答しました。
同じ人間として、わかり合えないはずはない。友情を結べないはずがない。
これが、仏法の人間主義に生き抜く私の信念であり、結論です。平和への道も、人類の発展も、一切は人間に始まり人間に帰着するからです。
以来、日ロ友好の橋を大きく結んできた私は、十五年前(一九九四年)の五月には、モスクワ大学で「人間──大いなるコスモス」と題し、二度目の講演を行いました。
ソ連邦の崩壊(九一年)後の激動の社会を毅然(きぜん)とリードされゆくロシアの第一級の学識者や、瞳凛々しき学生たちを前に論じたのが、日蓮大聖人の仏法の「妙の三義」であります。
この時は、「妙」の一字に込められた哲理を、「規範性」「普遍性」「内発性」という観点から語り、自身の内面の価値に目覚めた人間こそ歴史転換の鍵を握ることを論じました。
今回は、この「妙の三義」を、私たち信仰者の実践と人生に即し、学んでいきましょう。
最終更新 2009年 10月 27日(火曜日) 07:42
続きを読む...
 
〝自他共の幸福〟 印刷 Eメール
作者: The Lion King   
2011年 8月 12日(金曜日) 06:23

山本周五郎の傑作『赤ひげ診療譚』は、江戸の小石川養生所を舞台にした時代小説。〝医は仁術〟に徹する壮年医師「赤ひげ」に、最初は反発するが、次第に共感していく青年医師の心の変化を描く▼貧しい庶民の現実と向き合い、徒労に見えてもなお信念を曲げない「赤ひげ」の姿に、青年は思う。「温床でならどんな芽も育つ、氷の中ででも、芽を育てる情熱があってこそ、しんじつ生きがいがあるのではないか」(時代小説文庫)▼病気、事故、不況の嵐、自然災害――人生は苦闘の連続だ。その過酷さに足をすくわれることもあろう。だが、それでも色あせぬ情熱が真の情熱であり、たとえ倒れても何度でも立ち上がるところに、人間本来の輝きがあるといえまいか

続きを読む...
 
「ゆっくり急げ」 印刷 Eメール
作者: The Lion King   
2011年 8月 01日(月曜日) 14:21

「カエサル」が去り「アウグストゥス」がやってきた――というのは暦の話▼英語の7月(JULY)はカエサル、8月(AUGUST)はアウグストゥスに由来する。ローマの初代皇帝アウグストゥスは暦を変え、8月を1日増やした。彼のお陰で、多くの子どもたちの夏休みが、1日増えたわけだ▼歴史家トインビー博士は、池田名誉会長の〝歴史上、偉大な政治家は?〟との問いに、漢の劉邦(りゅうほう)、日本の徳川家康と、このアウグストゥスを挙げた。博士の視点は〝前統治者の事業を再建し、永続性ある体制を築いた〟ことにあった

続きを読む...
 
「学ぶ」 印刷 Eメール
作者: The Lion King   
2011年 8月 06日(土曜日) 05:54

落語家の桂米丸さんは、師事した古今亭今輔師匠から「自分が話したのとそっくり同じように真似しなさい」と教えられた▼入門2年ほどたったころ、ある人に「真似の芸は、影法師。芸の道としては、認められない」と言われた。対して師匠は「誰がそんなこと言うんです!」と怒った。「自分のものができるのは、20年先です。もっともっと、私の真似をしなければいけない。息のつき方も、間の取り方も、全部ですよ」。米丸さんは、〝やっぱり、真似でいいんだ〟と、雲が晴れたような気持ちになった(『最高齢プロフェッショナルの教え』徳間書店)

続きを読む...
 
希望とは、前進の中から生まれる 印刷 Eメール
作者: The Lion King   
2011年 7月 31日(日曜日) 06:44

本年は中国の作家・魯迅の生誕130周年。青年時代、医師を志し日本に留学した魯迅が、仙台医学専門学校(現在の東北大学医学部)で学んだことはよく知られる。恩師・藤野先生と出会った杜の都・仙台は、彼の心の故郷となった▼帰国した魯迅は、抑圧下にあった中国を変革するために、文筆家に転身。政敵の弾圧をかいくぐり、140ものペンネームを使って、民衆を啓発する文章を書き続けた。真骨頂は「ねばり」であり、「絶えず刻む」ことだった

続きを読む...
 
« 最初12345678910最後 »

5 / 13 ページ

アンケート

あなたの支持政党
 

オンライン中のユーザ

現在
 ゲスト 3 人
 がオンラインです

統計

メンバー : 11830
コンテンツ : 1679
Webリンク : 78
記事ヒット数 : 1062067

bottom
top

最新ニュース

ポピュラー


bottom

Powered by Joomla! | Copyright © 2009-2012 by The Lion King Mind.