top
logo


feed-image Feed Entries
Home
The Lion King Mind - 師子王の心 -
タンポポ 印刷 Eメール
作者: The Lion King   
2011年 4月 28日(木曜日) 06:23
「踏まれても/踏まれても/なお咲く/タンポポの笑顔かな」。池田名誉会長が、胸に刻まれて離れない詩として、かつて紹介したことがある▼アスファルトで固めた道路のすき間から、タンポポが可憐な黄色い花を風になびかせている。〝がんばれ〟と心でつぶやきながら、通り過ぎた。都会に春を感じる瞬間である▼ タンポポのたくましい生命力の秘密は、大地深く懸命に伸ばした根っこにある。中には、地下1メートルになるものもあるという。人の目に見えないところでの支えが〝成長〟の源になるのは、人間も同じだ
続きを読む...
 
蘇生と不屈のドラマ 印刷 Eメール
作者: The Lion King   
2011年 3月 19日(土曜日) 08:40
ある壮年の体験。2月の早朝、胸に激痛が走った。狭心症の発作。意識がなくなり、病院に担ぎ込まれた時には、9分間の心停止状態だった。家族の呼びかけにも反応がない。医師からは厳しい言葉。妻は、家族とともに夫の回復を祈り続けた。同志も祈った。誠実で信頼厚い地区部長の回復を▼意識不明の3日間の後、口が動いた。何と言っているのだろう。苦しいのだろうか? いや! 「南・・・無・・・妙・・・」。題目を唱えようとしていたのだ。地区部長になって5年。113人の地区員の氏名と年齢を書き、暗記し、一人一人の幸福と健康を思い、毎日、心ゆくまで唱題に挑戦し続けていた
続きを読む...
 
〝顔晴ろう〟 印刷 Eメール
作者: The Lion King   
2011年 2月 28日(月曜日) 09:00
プロ野球のオープン戦がたけなわ。パ・リーグ打点王の小谷野栄一選手(北海道日本ハム)も、腰痛から復帰し、開幕に照準を定める▼同選手はパニック障害になって以来、「頑張れ」と言われるのが苦手だった。しかし最近、あるきっかけで変わったという。「ある高校生が『顔晴れ』って書いてくれたんです。それ以来、『がんばれ』は『顔が晴れる』、つまり『笑顔でやろう』って言ってくれてるんだと思えるようになり、好きな言葉になりました」(本紙1月21日付)
続きを読む...
 
現世安穏 印刷 Eメール
作者: The Lion King   
2011年 3月 02日(水曜日) 06:01
「入会前は、〝宗教は心の安らぎを求めるためにある〟と思っていたわ」。女性誌を編集していた友が語った。入会して10年という▼長年、彼女は社会の不条理と戦ってきた。肉親とのつらい死別も経験。学会員の知人から、〝宗教は勝つためにある〟と聞いて衝撃を受けた。「確かに人生に勝たなきゃ、生まれてきた意味はない。創価学会には、勝利への信念と行動が息づいていると思う」。今、はつらつと祈り、新たな創作に挑戦する▼御書には「仏法と申すは勝負をさきとし」(御書1165ページ)と仰せ。先月の座談会では「強敵を伏して始て力士をしる」(御書957ページ)との一節を学んだ。人生を勝ち開け――との励ましにあふれる
続きを読む...
 
〝頼る心〟 印刷 Eメール
作者: The Lion King   
2011年 2月 22日(火曜日) 09:49
「カーナビをつけるようになって、なかなか道を覚えられなくなった」。車に乗せてくれた友人が、しみじみと語った言葉だ。共感を覚える読者も多いだろう▼ 科学技術の進歩によって、確かに私たちの生活は便利になった。半面、機械をあてにすることで、〝よくかける電話番号を記憶しておく〟など、これまでできていたことができなくなった、と感じる場面が多くなっている▼人間は、誰しも計り知れない大きな可能性を持っている。その可能性をさえぎるものの一つが、自分以外の何かを〝頼る心〟だ。先の話は、この真理をよく表している
続きを読む...
 
« 最初12345678910最後 »

7 / 13 ページ

アンケート

あなたの支持政党
 

オンライン中のユーザ

現在
 ゲスト 6 人
 がオンラインです

統計

メンバー : 11830
コンテンツ : 1679
Webリンク : 78
記事ヒット数 : 1062067

bottom
top

最新ニュース

ポピュラー


bottom

Powered by Joomla! | Copyright © 2009-2012 by The Lion King Mind.