top
logo


feed-image Feed Entries
Home
The Lion King Mind - 師子王の心 -
〝哲学性〟と〝庶民性〟 印刷 Eメール
作者: The Lion King   
2010年 4月 19日(月曜日) 08:46
若き日、カントは知識欲に燃えていた。学ぶほどに喜びを覚え、真理の探究に邁進する自分を誇らかに感じていた▼その自信を粉々に砕いたのは、ルソーの教育小説『エミール』であったという。カントは正直に綴っている。「(私は)何も知らない俗衆を軽蔑していた時代があった。ルソーが私を正道に戻してくれた。この優越の欺きは消え、私は人間を尊敬することを学ぶ」(久保光志訳)と▼思弁にふけるあまり、善行を忘れてはならぬ、との戒めも。大哲学者にして、この謙虚な反省あり。否、自利から利他への、そのような目覚めがあったればこそ、後世に輝く偉業を残しえたのであろう
続きを読む...
 
困難はむしろ新たな飛躍のチャンス 印刷 Eメール
作者: The Lion King   
2010年 4月 19日(月曜日) 08:36
ほとんどの車で装備されるようになったエアバッグ。実は、宇宙でも活用されているのをご存じだろうか▼先駆けは1997年、NASA(アメリカ航空宇宙局)の火星探査機マーズ・パスファインダー。当時、財政が逼迫し、火星探査の予算は約3分の1にカット。しかも、3年間で結果が出せなければ、予算打ち切りという厳しい条件が課せられた▼いかにコストを削減するか。苦心の末、NASAは着陸方法に着目した。従来の、高価なロケットの逆噴射でブレーキをかける方法ではない。火星に着地する直前、エアバッグで探査機を包み込み、地表でバウンドさせた。これにより低コスト化が実現。火星探査の新時代を開いた
続きを読む...
 
« 最初111213最後 »

13 / 13 ページ

アンケート

あなたの支持政党
 

オンライン中のユーザ

現在
 ゲスト 2 人
 がオンラインです

統計

メンバー : 11830
コンテンツ : 1679
Webリンク : 78
記事ヒット数 : 1062067

bottom
top

最新ニュース

ポピュラー


bottom

Powered by Joomla! | Copyright © 2009-2012 by The Lion King Mind.